sheena's blog

関西を拠点にソロで活動している  シンガーソングライター       佐々木詩菜「sasaki-sheena」です

あつい雲あつい太陽

北の空にわんさか降りそうな雪雲が!

乾いた冬空とのグラデーションが綺麗だなぁ。

今年最後の夕空に
来年への思いと今年お世話になった方々の笑顔を浮かべて

皆様よいお年を

スポンサーサイト

PageTop

融合

20091228025411
2009年
唄い納めです。

二条nanoでの
岡田彩香/佐々木詩菜スプリットCDレコ発2マン

無事に終了いたしました


1st(ソロセット)

蜩の鳴く方へ
四角い闇流れた星
あなたの空
記憶と証
うしろ髪を束ねて
スモーカー
金星


2nd

岡田彩香ソロセット


3rd(duoセット)

今だけ(岡田彩香)
云えない彼女(佐々木詩菜)
運命の人(カヴァ-)


enc

ラベンダーとあなた(曲・岡田彩香)


nanoで出会ったうたうたい
大好きなうたうたい
彩香と二人っきりのステージは
二人とも等身大でがむしゃらで
一日のうちにいろんなドラマが生まれた
それは本当に
彩香とだからできたこと


唄い納め

二条の夜

来て頂いたお客様

応援してくれた皆様

今日まで

たくさん助けてくださった

PA阿部ちゃん

土龍さん

写真を提供してくださった

もんちゃん

そして

彩香

みんなみんな

本当に

有難う

PageTop

もうすぐ

今年最後にしてビッグなイベント

岡田彩香ちゃんとの2マン@nano


どーしよーもなく


緊張している(笑)


師走のごとく



はやる気持ち


あーもう。


早くうたいたい。


みなさん、26日は是非nanoへ。

あーもう。


早くみんなに見ていただきたい。




先生

わたし

先生と同い年になったよ。


この話はまた次の機会に。

PageTop

地底からの唄

日本一の港
美しい街
海と山が共存する街
たくさんの人
おしゃれな服を纏う若者

それでもまだまだ

復興途中


あの悲劇から15年


光の中響く歌は


心に染み入るものでした。

PageTop

揺れる 揺られる

20091204231522
20091204231520
カタンコトン

音をたてて


今日は堅田に行ってきました。

リハ終わりに
どーしても琵琶湖が見たくなって
当てもなく
きっとこっちだろうと
適当に
ぶらぶら~っと
歩いていたら
ステキな空にたくさん会えました。
夕暮れ時の空。

電線という網をかいくぐって
抜け出した空は
やっぱりたまらなかったです。
結局琵琶湖ははるか遠く
徒歩では無理とわかり
断念。
その代わりに
空にたくさん励まされたので
よしとします。





本日、ハックルベリーにご来場いただいた皆様、本当に有難うございます。



金星
四角い闇流れた星
スモーカー
うしろ髪を束ねて
プールサイド
蜩の鳴く方へ



「あんまりしゃべんなくてもライブ見たら最近どうしてるかとかわかっちゃうね(笑)」


競演の木村三郎さん談。


歌はその人を映す鏡。


今日はそれをひしひしと感じる夜だったのでした。

PageTop

東雲

20091204064215
珍しい読み方をするもんですな

しののめ

上手に撮れなくてざんねんだ

この時間になると

そらをずっと見つめていたくなる

ため息が白くなるこの時期は殊更にいい

セカイにひとりだけ

そんな気持ちになれる

そう思えるのも

街が動いていてくれてるから

そう思えるのも

ほんとうはひとりではないから


あのそらの色に憧れて

よるは今日も

ふけてゆく


わたしは今日も

ふけてゆく

PageTop

十二月の扉

今日の夕暮れは一味違う


西陽を背中に浴びながら進ませる自転車のペダルは
何時もより少し軽いような心持ち


秒刻みで変わる
街の空気と空の色

街路樹の銀杏の葉の色が
そうさせるのかなと
漠然と思いを巡らした


そういえば
あの枝垂れ桜の葉の色も
銀杏と同じ黄色だった

丸裸にされてしまったような
あの木の枝の先に
散り乱れた黄色の葉

春の思いを
捨ててゆくのか

春の思いを
置いてゆくのか


その真意は
誰にもわからない



ふうとため息をついて
行き交う人の一声で目を覚ます
「キレイ!!!」


視線の先

あぁ。そうか。


今日は満月だったのか。

PageTop